Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

天国への階段

ナタリー・コール



数年前まで、バンドでやってたバージョンです。
ちょうど、また最近練習をやり始めたところでした。

残念です。
  • 2016.01.03 Sunday
  • 10:00

天国への階段

ビル・グレアムと吉田松陰

以前は無名だった坂元竜馬は、
司馬遼太郎が取り上げて有名になったんだそうです。

あまり歴史の表舞台には、登場しないような人に惹かれます。
今でこそ、吉田松陰も司馬さんのおかげもあって有名になりましたが、
アメリカのロックの歴史の舞台裏で、
数多のミュージシャンを支えてきたビル・グレアム

吉田松陰と、なんか似てるような気がします。
  • 2015.08.02 Sunday
  • 10:28

天国への階段

石田長生(石やん)お疲れさん!

大阪の誇るファンキー・ギターのアニキ
「石田長生」さんが逝ってしまいました。
去年のサウス・トゥ・サウスの藤井裕さんと同じ食道がんらしい。

大阪の魂「たかじん」もそうでした。桑田圭佑さんもですね。
キヨシローさんや「つんく」は喉頭癌

飲酒と喫煙、ミュージシャンに付きもんやもんね。
そしてやっぱりシンガー故の喉の酷使って、関係有るような気がしますが?

桑名正博さんもあっち逝ってますからね〜。
あっちのほうが賑やかそうでんな〜!
  • 2015.07.08 Wednesday
  • 17:34

天国への階段

B.B.キングのオヤッサン!お疲れさんでした!

高齢なのに結構、晩年もあちこちでご活躍をされてましたね。
ほんとにブルース界の功労者、巨人のお一人です。

ホンマに、ご苦労様でした。
あっちの世界のほうが、セッションのメンバーは豪華ですもんね〜!

しかし先日、死因に疑問があるとか言うニュースが載ってました。
あんまりゴタゴタならんといて欲しいですね。

「たかじん」さんとこもいまいちスッキリしませんもんね〜
お金が、沢山残ったからなんでしょうね〜

 
  • 2015.05.26 Tuesday
  • 16:13

天国への階段

レボン・ヘルムとザ・バンド

評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 4,980
(2008-11-19)

高校生の頃、ハード・ロック全盛で「THE BAND」の良さが解りませんでした。
スカスカ、パキパキ、ポコポコの良さが解るようになるのは、年月が必要なんですね。

最近、またまた「オフェリア」をバンドで練習しています。
典型的なコード進行が、ワクワクさせてくれます。

名実ともに「おっさん」になってきたんだな~と思い、レボン・ヘルムを意識してタイコを叩いています。
  • 2014.09.27 Saturday
  • 11:39

天国への階段

伊太地山伝兵衛 もう逝っちゃうの・・・



11月15日は、坂本龍馬の暗殺された日であり、龍馬の40歳の誕生日ですね。
ちなみに、うちのカミさんも11月15日です。

伝兵衛さんの早すぎる昇天は、残念です。
  • 2013.11.15 Friday
  • 21:17

天国への階段

「沢田としき」の絵

もう10年ほど前になります。

「大塚まさじ」さんのライブ開催のお手伝いを何回かやっていた頃、
まさじさんが、魅力的な絵が描かれた、大きな布を持参してこられていました。
その絵をステージの後ろに貼り付け、その絵の前で、まさじさんは歌っておられました。

あたかも絵の中で、まさじさんが歌ってるようにも見えました。
たしか、ご本人も一度まさじさんと一緒に、ツアーにご一緒されてて、お会いしたことがあります。

その絵を描いていたのが「沢田としき」さんでした。
シンプルで、あったか味のある作風が気に入って、カミさんが何冊か画集も購入しました。

わたしの仕事部屋の壁に、沢田さんのポスト・カードが貼ってあります。
この部屋には、絵や写真は、他には貼ってありません。

沢田さんは、昨年4月に白血病で亡くなられました。
この絵葉書が、わたしに何かを語ってくれているようです。
  • 2011.07.30 Saturday
  • 15:43

天国への階段

「中村とうよう」に教わった沢山の事

『音楽評論家の中村とうようさん、自宅から飛び降り自殺か』

またも残念なニュースに打ちのめされてしまいます。


ブラック・ミュージックやカントリー・ミュージック、アイリッシュ、ジャズやブルースからロック
ごちゃまぜ、チャンプルーな魅力が、アメリカの音楽でしょう。

それを若い頃の僕らに教えてくれたのが「中村とうよう」さんでした。
彼が出版していた『ニュー・ミュージックマガジン』は、わたしの教科書でした。

そんなアメリカン・ミュージックの魅力の伝承者として、いまの自分は生きているつもりです。
あなたが伝たかったことの、ほんの少しでしょうが、私は受け継げたんじゃないかと思っています。

安らかに、おやすみください。 合掌!
 
  • 2011.07.29 Friday
  • 15:35

天国への階段

エイミー・ワインハウス 逝く



まさかの悲報でした。 27才で、エイミーが亡くなりました。

危ない感じは、ありました。
こないだもヨーロッパツアー中に、ステージで酔っ払ってブーイングと言うニュースもありました。

本人もアル中や、ヤク中を治す気はあったみたいですが・・・・

とても残念です。
イギリスのシンガーで最も期待してた人でした。
見た目、危ないところも魅力だったけど、こんなに早く行ってしまうとは・・・

2~3日前、映画「ローズ」のエンディングの方を観てたところでした。
エイミーと「ジャニス・ジョプリン」がダブります。
そして、エイミーのお母さんの名前が、なんと「ジャニス」なんだそうです。


忘れないよ、エイミー
あなたが残してくれた音楽を、僕は伝えていきます。

合掌。
 
  • 2011.07.25 Monday
  • 15:31

天国への階段

リッチー・ヘイワードが逝っちゃった

評価:
Little Feat
Warner Bros / Wea
¥ 415
(1994-11-16)

リトル・フィートのリッチー・ヘイワードが肝臓ガンで昨年亡くなったそうです。


さっき、Mixiのリンダ・ロンシュタットのコミュニティに、はじめて参加してトピックを読んでいました。

昨年ケニー・エドワーズ(リンダのバックでベースを弾いたり、プロデュースをしてた)が、
亡くなったというニュースで驚いていたら、何とその1週間前に、
リッチー・ヘイワードもお亡くなりになったと・・・・・・

個性的なリズムを叩き出すロック・ドラマーとして、尊敬してました。
顔は、サルバドール・ダリに似てるような気がします。
だから、余計に風変わりに見えていたように思います(失礼!)

合掌!
  • 2011.06.04 Saturday
  • 11:56