Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

都城・曽於

音楽雑感「パラダイス・カフェ」 2014.11月 ワールド・ミュージック「ゴンチチ」

2011年4月から「SO-す」という鹿児島県曽於市の地域情報誌に、

現在も継続して不定期でコラムを書かせていただいております。

曽於市界隈の南日本新聞の販売所4箇所が合同で出されています。

以前書いた分を、このブログに転載しております。

 

ワールド・ミュージック「ゴンチチ」

二人組のギター・ユニット「ゴンチチ」。なぜかワールド・ミュージックというジャンル分けをされるそうです。
CDには、歌はほとんど入っていません。アコスティックギターをそれぞれが弾いて、癒し系の音楽を聴かせてくれます。渋かったり、楽しかったり、哀しかったり、様々な情景の見える音楽を奏でてくれるグループです。
ちなみに、お二人とも関西人。お名前が「ゴンザレス三上」さんと「チチ松村」さん。二人を合わせて「ゴンチチ」。ふざけてますよね。この、ふざけ具合が絶妙で、素敵で素晴らしい音楽をぎょうさん作ってくれているんです。
アルバムとしては、40枚近く発売されています。 映画音楽での起用や、天気予報などテレビ番組のバックグラウンドミュージック(BGM)として起用されていることも多いです。
BGMって一歩間違えると「歌のない歌謡曲」みたいになる場合が多いんですが、彼らの音楽は、単なるBGMではありません。
様々な音楽的興味の積み重なった知見と経験、そして熟成された表現力の技。
こんなふうに言葉で書くと、超絶テクニックのすごい速弾きを想像したりされるかもしれませんが、全く違います。
脱力系、癒し系、でも渋い。そんな彼らのサウンドは、人の心を映してるんだと思います。年齢、性別を超えてオススメできる音楽です。
是非!ご一聴をお願いします。

 

 

  • 2018.09.15 Saturday
  • 09:58

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback