Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

都城・曽於

音楽雑感「パラダイス・カフェ」 2014.07月 ハワイアンとフラダンス

2011年4月から「SO-す」という鹿児島県曽於市の地域情報誌に、

現在も継続して不定期でコラムを書かせていただいております。

曽於市界隈の南日本新聞の販売所4箇所が合同で出されています。

以前書いた分をこのブログに転載しております。

 

ハワイアンとフラダンス

「歌は世につれ世は歌につれ」とかよく言われますが・・・・
世相を反映して歌の内容も変わっていくっていうことだと思います。
世界のあちこちで、なぜそんなことが起きるのか、近現代の歴史を紐解かないと解らないことが多いです。最近は、インターネットを使って調べることができるので便利ですね。
以前もこちらでウクレレのことを書きましたが、ウクレレと言えば「ハワイ」そしてハワイアンにフラダンス。このダイレクトなイメージが映画「フラガール」にも反映されてますね。
カントリー・ミュージックにも似たような構図があります。バンジョーにマンドリン、カウボーイ、そしてカントリー・ダンス。
どちらも表面的な部分だけを見て納得してる方が多いように見受けられます。もう少し扉を開けて見て、探って欲しいんです。

時代とともに息づいてるハワイの音楽、世界的にも活況を呈しているカントリー・ミュージック。
素晴らしい音楽と、素敵なミュージシャンが沢山います。
一人だけ紹介させてください。一度見たら忘れられない、ハワイの伝説的なスーパー・スター「イズラエル・カマカヴィヴォオレ」舌を噛みそうな名前ですが、愛情を込めて「IZ・イズ」と呼ばれています。

もう天国で歌ってるんですよね・・・・

 

 

 

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 09:37

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback