Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

都城・曽於

音楽雑感「パラダイス・カフェ」 2013.10月 楽器(ウクレレ)に触れませんか

2011年4月から「SO-す」という鹿児島県曽於市の地域情報誌に、

現在も継続して不定期でコラムを書かせていただいております。

曽於市界隈の南日本新聞の販売所4箇所が合同で出されています。

以前書いた分をこのブログに転載しております。

 

秋の夜長に楽器(ウクレレ)に触れませんか

自他共に認めていただいてるであろう「音楽バカ」いや「ロック・バカ」の私ですが、バンドをやるために楽器を演奏したりもしております。
だいたい人にこの話をすると、一様に驚かれます。そんな風に見えないみたいです。

バンドでどの楽器を弾いてると思いますか?と聞くと大概「ギター弾いてるんでしょう」って言われます。
中学・高校時代は少々ギターやベースもかじりましたが、高校の時からドラムをやっております。

もう30年以上やってるんですが、大してうまくなっていません。もううまくなろうとも思っていません。基本的な手足の動きが退化しないように基礎練習をやるくらいですね。体もくたびれて来てますし、気力も体力もありません。
気力や体力があんまりなくても結構楽しめる楽器が「ウクレレや!」っと最近ちょこっと弾いてみました。

ギターと一緒で、弦を押さえるんで左手の指の先が痛いですね。

しかし、やさしい弦の音に癒されますよね〜。
「ウクレレ」ってノミが飛び跳ねるって意味だそうです。音がそんな感じもしますね。

お手軽ですし、歌の伴奏もできますし、初めて触れる楽器としてもっと普及してもいいんじゃないかと思っています。
子供に楽器を習わせようとすると、日本では何故かピアノが一番に想定されるようです。

今では「ロック・バカ」に変異した私でさえ、小学校の時に習わされました。

2年くらいは我慢してたんですが、やはり耐えられなかったみたいです。

続けていたら良かったのにな〜と今は、反省してます。

だって私の担当楽器ドラムスは、ひとりで演奏してもつまらないんです。

ドラムだけだと歌の伴奏にもなりませんし、音はでかいし、持ち運びは大変!
ピアノや、ギターをうまく弾ければ、女の子を口説く時の雰囲気も盛り上げられますが、

ドラム叩いてもしょうがないですよね・・・?

 

 

  • 2018.08.27 Monday
  • 09:35

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback